最初の全球凍結を境に、生命体にはある新しいグループが登場します。

生命の最も古い形態とされるアーキアやバクテリアは、その細胞の構造から「原核細胞」というグループに属します。私たち人間のもつ細胞に比べると、とても小さいし、細胞のなかの構造も随分と単純です。なかでも特徴的なのは、細胞に必要な情報が、核という構造になっておらず、核様体というかたちになっている点です。
しかし、代謝をしますし、分裂して増えますから、立派な生命体です。38億年前の生命誕生以降、約20億年は生命体はみんな原核細胞だった、とされています。

しかし、この原核細胞の中から、遺伝情報を核膜で包むものがあらわれ、これが真核細胞へと進化していきます。真核細胞がどうやって生まれたのかは、まだ謎に包まれています。原核細胞のもつ細胞膜が進化して、様々な機能をもつ小器官へと発達したのだ、という説もあるし、貪欲に食べたり、食べられたりするうちに、食べられた細胞が食べた細胞のなかに棲み付いたのだ、とする説もあります。時期的に最初の地球全休凍結と近い時代であることから、この事件が関係しているのではないか、とも考えられていますが、はっきりしたことはわかっていません。

Urzwerg
真核生物の直接の起源といわれる古細菌(エオサイト説)
 
真核細胞は、さきほど登場したような酸素を利用するしくみ、すなわち「酸素呼吸」の機能をもつ小器官「ミトコンドリア」ももつようになります。酸素を取り込んで大きなエネルギーを産生できるようになった真核生物は、いよいよ生存に有利になりました。
やがて真核生物の中から、そのエネルギーを活かし、細胞器官を発達させて、高い運動機能をもつものが表れてきます。その動き方は様々で、細かい繊毛をさわさわと動かしながら移動するもの、体をねじりながらドリルのように移動するもの、ムチのような1本のシッポを使って素早く移動するものなどなど。。
さらに、あのシアノバクテリアと同じ光合成の機能をもつ小器官を備えたものも表れました。

今から約14億年前になってくると、原核細胞にかわって、いよいよ真核細胞がその時代の主役となってきます。

アメリカのミシガン州では、約21億年前に形成されたとする縞状鉄鋼床から、最古の真核生物とされる化石が発見されています。






※(1)原生生物:マーギュリスの五界説で、単細胞生物は有核であっても、原生生物とする


参考:
新・細胞の起原と進化 中村運 著 P.23 表1−5 原核生物と真核生物の細胞比較

新・細胞の起原と進化 中村運 著 P.209
   「14億年前以降の真核細胞時代は確かなものでしょう。」
   「20億年前くらいから大型化した細胞があらわれはじめている。つまり、原核細胞が真核細胞レベルに進化するには、約5億年という長い地質年代(古生代と中生代を合わせた期間)を要している。」

食べて、食べられて、まわる 高橋英一 著P.20
    「最も早く出現したのは無核で単細胞の微小な細菌(バクテリア)からなる原生生物であり、ついで細菌の共生連合によって単細胞有核の原生生物が誕生し、最後にそれらの中から多細胞有核の後生生物として、動物、植物、菌類が進化してきたという順番になります。」

「原核生物の細菌類(バクテリア)は、およそ38億年前に誕生したと推定される最古参の生物です。そして18億年前頃に、真核私物が進化してくるまでの20億年間は細菌だけの世界でした。」

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。