多くの生物が共通してもつ成分、さらにその元素が「炭素」である、ということをお話しました。
生命である細胞を構築している成分も、エネルギーを産生させるためにつかっている物質も、どれも炭素化合物です。ですから、すべての生命は、炭素を必要としています。

生物の水分以外の栄養摂取の目的は、言ってみれば「炭素」の獲得である、としても過言ではないのです。
生物は、生命代謝に必要な炭素を、自らが置かれたその環境でいかにして得るか、様々に試行錯誤して生き抜いてきました。
その結果、炭素の獲得の仕方は、生物によって実に様々です。

炭素を無機物の状態で獲得し、有機物に変換して、生物が使える炭素化合物に替えることができる生物を独立栄養生物といいます。
これとは別に、他者が生成した有機物を利用する生物を、従属栄養生物といいます。

この関係が、生物同士の栄養をめぐる相関関係、つまり、食べたり、食べられたりする関係を作るベースになっているのです。


これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。