1)皆、それぞれに適した栄養摂取が必要

私たちは、普段健康であっても、ときに体調を崩すことがあります。
そんな時、普段と同じような食事をとれないことがあります。
しかし、体調に合わせた食事を少しでも摂ると、回復を早めることができることがあります。

その時その時、必要とされるものを、コンディションに合わせて用意すると、体がきちんと答えてくれることは多いのです。
さて、普段、健康と思われる私たちの体も、実は一生という長いスパンの中のどこにいるかで、微妙にコンディションは違っています。 
また、男性か女性かという点でも、少し差があります。 
体を大きく、さらに成熟させようとしている成長期と、活動による疲労回復と健康維持を狙う成人期、また、新しい命の芽生えを請け負う妊娠・出産期、ついで、代謝サイクルの頻度が減ってくる高齢期のどこにいるか、によって体が要求する栄養は異なるのです。 

このような差を理解せずに、「好き嫌い」だけに偏った食事をしていると、体の要求に応じられないまま、その時期を、言ってみれば栄養失調の状態にさせかねません。
摂るべき栄養がとれない状態が続くと、思わぬ怪我や病気の元にもなりかねません。

2)日本人の食事摂取量

そこで多くの統計や研究から、男女別、各ライフステージ別に、適当とされる、おおよその数値が示されています。
日本においては、厚生労働省によって「日本人の食事摂取量」という指標が示されています。
これらの指標は、あくまで目安ですが、ここからあまり逸脱した食生活を長く続けると、様々な支障を来す恐れがあるとされていて、各個人がある程度抑えておいたほうがいいものです。